2019年09月16日

ED・自律神経失調・鬱(うつ)〜疲労・ストレスによる男性更年期の症状〜

男性の更年期症状とは 主に男性ホルモンのバランスの乱れが原因で、身体的・精神的・性的不調をきたすものです。

女性の更年期と同じように、様々な全身(心)症状が生じます。 若い男性ほど、ストレスや生活習慣・運動不足などによる影響が大きく、中年以降では、加齢による男性ホルモンの分泌低下に起因するものが多いとされています。


原因と考えられるもの

テストステロン(男性ホルモン)の分泌量、濃度・活性の低下など。

脳の男性ホルモン分泌に関わる部位は、自律神経に関わる部位にとても近く、相互に影響を与え合っています。 男性ホルモンのバランスが乱れれば、自律神経にも影響を与え、様々な機能失調が起こります。

男性には「閉経」という明確な体の変化が無く、発症には個人差が大きい為に認知されにくいのです。 過去には、単なる疲労・老化現象・うつ病と診断されてしまうケースも少なくなかったようです。


症状

・身体的な症状
ほてり、のぼせ、冷え性、動悸、肩こり、頭痛、全身倦怠感、疲労、背頚部痛、記憶力の減退、関節痛、発汗、陰毛の減少

・精神的な症状
落胆、不眠、うつ症状、いらだち、食欲不振、興奮状態、神経過敏、不安 生気消失

・泌尿器の症状
頻尿、残尿感、会陰部不快感、前立腺肥大症(尿道や膀胱底部が圧迫され尿意はあるのにすぐでない、尿の切れが悪くなる)

・性機能に関するもの
性欲減退、勃起不全、射精感消失 オーガズムの低下、など。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s.jpg

一般に男性更年期といえば、LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)やPADAM(加齢男性における男性ホルモン低下)などの、いわゆる加齢・老化に起因するものが多くみられます。

img_arrow.png

ここでは「加齢現象ではない男性更年期障害、つまり、ストレス・心身の疲労・環境や心境の変化などが原因となる男性更年期症状 を考えてみたいと思います。

ストレス要因

・ストレスがかかると体は防衛反応を起こします。

これは心身の安定を保とうとする反応です。アドレナリンや糖質コルチコイドなどの神経伝達物質やホルモンを体内に分泌させ、発汗・興奮状態、戦闘状態を作ります。

体力を保持する働きがある男性ホルモンも分泌され、体は精神・体力ともにストレスに対抗しようとします。

ストレスが一過性であれば、体のストレス反応はすぐに元に戻ります。ですがストレスが強く、長期間にわたり緊張・興奮・怒りや不安の感情が持続すると、脳からの休みない男性ホルモンの分泌命令に脳や器官が疲弊してしまい、逆に男性ホルモンの分泌に不足・異常が起こります。


・男性ホルモンの乱れは自律神経系に影響を与えます。

「抑うつ、自律神経失調、更年期症状(性欲減退・ED)」などが生じやすくなります。

自律神経系の乱れにより、さらに男性ホルモン分泌異常やホルモン濃度の低下が起こります。 長期のストレス・疲労は男性更年期症状を悪化させます。

働き盛りの男性では、社会的地位による責任の増大や家庭環境のストレスから、自律神経に関わる影響も大きいと考えられます。 その方を取り巻く責任や環境の問題が男性更年期症状に影響するケースも考えられます。

79572919a3902b961e95c4ac06bea905_s.jpg

更年期症状が起こりやすいタイプ

・几帳面でまじめ、責任感が強い人

ストレスから更年期症状になりやすい傾向にあります。 男性ホルモンの分泌低下により、うつ病(気分障害)が発症したり、落ち込み・不眠・不安感・集中力の欠如の状態に陥り、消極的になり、行動を実行できなくなったりします。

几帳面でまじめな人ほど、活動性・意欲が失われた事がさらなるストレスになり、悪循環から、更に男性ホルモンの分泌低下を起こします。


・男性的で男らしい人 

男性ホルモンが大量に分泌されていた男性、という意味です。肥満やストレスで男性ホルモンの分泌が低下すると、分泌量そのもののよりも「大量に分泌されていた頃との落差」により更年期症状が発症しやすいと考えられています。

筋肉質だった男性が、急にお腹が出てきたり、筋肉が細くなったり、変化の落差が大きい人ほど更年期症状が大きく出やすい傾向にあります。


・運動不足(肥満)の人、激しい運動を急にやめた場合

肥満による脂肪の蓄積は女性ホルモンの分泌を促しますので、相対的に男性ホルモンの活性が低下することがあります。

筋トレなど、激しい運動により自律神経の調節を行い、男性ホルモンの分泌を促す習慣のあった方が、急にやめた場合、 急な習慣の変化に体がついていけなくなり 自律神経系のコントロール失調から男性ホルモンがスムーズに分泌されなくなります。

9a8644a9fc2abdc9c00bdcb78f4ddac4_s.jpg

前立腺(排尿・セックス)への影響

・男性ホルモン減少の影響を受けるのは前立腺です。前立腺は女性でいう子宮にあたる器官です。男性の生殖機能に大きな影響を与えています。排尿にも密接なかかわりがあります。 更年期症状により前立腺に影響がでると、男性はセックスや排尿に変化が現れてきます。

・泌尿器系の症状としては 「頻尿 頻繁に(2時間以内に)尿意をもよおす」「残尿感(出きっていない感じ)、排尿後に動くと尿が漏れる」などがあります。 泌尿器の症状が長引けば、会陰部(陰嚢と肛門の間)にぞわぞわしたような不快感が生じることもあります。

e0cd57809e3bac9a3663671f0b267786_s.jpg

予防と改善

・適度な運動

ホルモン・バランスを整え、自律神経系にも良い作用をもたらします。

*今まで激しい運動をしていた人が急に運動をやめた直後も、運動によって行ってきたホルモン・バランス調整をコントロールできなくなり症状が出やすくなります。

*運動不足により体内に脂肪が蓄積されてくると、女性ホルモンの分泌が促され、相対的に男性ホルモンの働きが低下します。 肥満防止の運動は男性ホルモンの活性を保持する意味もあわせもっています。


・バランスの良い食事(アルコールに注意)

アルコールは睡眠障害、肝機能障害、肥満などの原因になり男性ホルモンの活性低下をもたらしやすくなります。


・睡眠について

眠れない、寝ていても疲れる、朝起きるのが辛いという方は「自律神経の働きの低下」が考えられます。規則正しい生活、十分な睡眠を確保することも大切です。


・趣味や気晴らし、ストレスコントロール

日光を浴びる *1000ルクス程度の光を1時間ずつ5日浴びるだけで男性ホルモンの分泌を促すゴナドトロピンの量が70%近く増加した研究・実験もあります(カリフォルニア大学)。

9f9b6f1460e9c5a502933965eb9c5ecf_s.jpg

現代医学的な治療

多くは男性ホルモン補充療法が行われます。治療効果の程度や持続時間は確認できていません。

長期間投与後の心血管系や前立腺への影響がはっきりせず、現在、本格的なホルモン療法としては確立されていません。

8e30fb1535e71794437d02d8381cb8ae_s.jpg

鍼灸によるアプローチ

男性更年期の症状を、蓄積された疲労・ストレスに気づいてもらいたい身体からのSOSサインと捉え、東洋的な考え方に基づいた全身(心)の調整を行います。

蓄積された疲労・ストレスなどの様々な要因によって弱められた、その方の生命力(自然治癒力)の働きを補い、高める事で男性更年期症状の改善を目指します。

セーブされた生命力(自然治癒力)を補うことで、ホメオスタシス(心身のバランスを保つ働き)が活性化されると考えられます。そしてストレスによる緊張状態の改善や、自律神経系・男性ホルモンの乱れを整える効果も期待できます。

*性機能や排尿機能の改善には、必要に応じて補助的な局所の施術を行う場合があります。

4ef0cd8229116e55edb2e803953fe3fd_s.jpg

突然の男性機能や性行為の失調・排尿のトラブル。盛年期であれば、その自信喪失は計り知れません。 子供が欲しいカップルであれば、男性への精神的な重圧はさらなるストレスになり悪循環に陥ることも懸念されます。

老化・加齢に起因しない男性更年期症状には、 蓄積された疲労・ストレスなどによって弱められた 生命力(自然治癒力)の働きの低下 に対する全身(心)へのアプローチを考えてみることも有効だと考えます。

profeel.png
ブログ文章 橋本昌周

江戸川区・京成小岩 / 千葉県 山武・東金市(出張専門)
鍼灸・積聚(しゃくじゅ)治療
小児はり 不妊症の鍼灸治療

はなのやま鍼灸院
http://hananoyama.com

お問合せ(予約制・年中無休)10:00〜21:00
フリーダイヤル(小岩・千葉共通):0120-012-850

LINEからもお問合せいただけます。
「友だち追加」ボタンからご登録ください。
友だち追加