2019年09月27日

小児のストレス症状・チック・吃音・歯ぎしり・心身症

赤ちゃんだったお子さんも、成長に伴いアクティビティに変化が現れてきます。
 
習い事が始まったり、お受験に備えての塾や教室に通いだしたり。早期教育として、2、3歳位の子が、掛け算や漢字・アルファベットを練習したりするのもよく見かけます。

楽器や絵画などの情操教育も、なるべく幼いうちからスタートさせる方が「能力を伸ばしやすい」とされています。
 
5f7db0ecd81938debfd48f9fc061e9ef_s.jpg

親のやらせ方(その子にあった導き方)が上手だと、

習い事をゲームのように楽しんだり、子供なりの向上心や負けん気で意気揚々とはりきるお子さんに成長していくのが見られます。
 
褒めたり、おだてたり、いい按配で悔しがらせたり・・・。「このお母さん、一体何者だろう?」と思う位、人心の術に長けたお母さんにもお会いします。

見ていて応援したくなるような、一心無欲なエネルギー。「楽しんでる時の子供の集中力に勝るものはないのだな」と、改めて実感します。
 

一方で「無理矢理やらされてる感」、「うんざりして疲れちゃってる感」たっぷりのお子さんもみられます。
 
大人の期待やモチベーションが、肝心の子供の心を置き去りにしてしまっているように見えるケースも少なくないのです。

優秀な友だちと比べられたり、ハードルがその子にとっては高いものだったり、自分には向いていないカテゴリーだったり・・・。それでも子供は、親の選択を信じて精いっぱい頑張ろうとします。
 
 
習い事で習得する一つ二つの事よりも、この時期に植え付けられた、子供の劣等感や無力感は一体どこに向かうのだろうか?と、ふと考えてしまう時があります。
 
興味・好奇心といった「心」を育む前に、「頭脳」「体力」の為の早期教育をスタートさせてしまうと、その子の将来にわたって、自主性の成長を妨げてしまう可能性があることをご存知でしょうか?
 
物事の価値観や正誤の判断が、「親が笑顔か?笑顔じゃないか?」になってしまうのです。

幼少期に刷り込まれたこの価値観は、成長しても尾を引き、「周囲の人の顔色をうかがう」「自分のアイデンティティを持てない」などの自主性の脆弱な大人になりやすいとする研究もあります。
 
8e30fb1535e71794437d02d8381cb8ae_s.jpg

日々、様々な小児・学童と対面しますが、小さい子ほどお父さん・お母さんの喜ぶ顔が見たくて習い事や塾などを頑張っているように感じます。
 
将来出世しようとお受験を考えている子などおりません。大人になった時に役立つよう水泳やピアノを頑張っている子もおりません。

どの子も、親の笑顔が見たくて(褒めてほしくて)頑張っているように見えるのです。
  


たまたま親の期待に応えるような結果が出せなかった時、焦りや悲しみといった感情が生じてしまう子もいるでしょう。
 
8e90d7f37e9d63f91fcacd0580c9971a_s.jpg

頑張って良い結果が出せたとしても、さらに「もっと、もっと」とハードルを上げてしまうご家庭もあり、それについていけなくなった時に、心因的なストレス症状を発症してしまう子もみられます。

また、腫れ物に触るような親の過干渉も、吃音(どもり)・チック・ヒステリー・尿漏れ・夜尿症・歯ぎしり(噛みしめ)・視力の低下などの小児のストレス疾患や心身症の原因になりやすいことがわかってきています。
 
親の顔色など覗わずに、「(自分の為に)これをやりたい」というのは、早くても小学2年から3年生位ではないだろうかと思います。子供の自主性もまた、その時期までにゆっくりと成長するように思うのです。
 
5e87d652536a7707a8c5d87217a92a82_s.jpg

小児はりをした子供たちも、いつかは大人になります。

その頃にはもちろん、当院の小児はりの事など覚えていないでしょう。
 
それでもいつか、その子が親になった時、「子供の心と体は一体なのだ」という東洋的な考え方を思い出してくれたら、とてもうれしく思います。
 
子供の心の中には、その子なりの大きさのコップがあって、溜まった疲労やストレスがそのコップから溢れてしまう時、様々な心身の症状となって現れやすいということ。

そして成長とは「その子のコップ」が少しずつ大きくなっていく事なのだと。

profeel.png
ブログ文章 橋本昌周

江戸川区・京成小岩 / 千葉県 山武・東金市(出張専門)
鍼灸・積聚(しゃくじゅ)治療
小児はり 不妊症の鍼灸治療

はなのやま鍼灸院 「子育てに寄り添う小児はり」
http://hananoyama.com/children

お問合せ(予約制・年中無休)10:00〜21:00
フリーダイヤル(小岩・千葉共通):0120-012-850

LINEからもお問合せいただけます。
「友だち追加」ボタンからご登録ください。
友だち追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186611637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック