2019年10月01日

幼児の言葉・会話の遅れ

「うちの子3歳になっても単語しかしゃべれないんですけど・・・」

お子さんが2歳をすぎても単語しかしゃべれないと、他の子より発育が遅れているのでは?と不安になられるお母さんもいらっしゃるでしょう。

現在、言語のスクリーニングでは2歳〜2歳半の間に 二語文(二つ以上の単語を組み合わせて話す)が話せないと、平均よりも言語の遅れがある可能性を疑われます。

1d2e189f0ad0c672adbb9e92c510083d_s.jpg

スポーツや楽器と同じように言語は習得能力です。

言葉を発する構語能力は生まれつき備わった機能です。ですが言語・会話は後天的な環境が作り出す習得能力です。


特に母国語とは乳幼児期の環境から練習し身に着ける能力です。

乳幼児が習わなくても母国語を修得していくのは、英検を受けるために英語を学ぶのとは異なります。ただの音だった大人の言葉がやがて意味のある表現方法として経験から修得されていくのです。生きていくのに必要だからです。

練習した子は早く身に着くし、練習の機会が少ない子(話しかけや読み聞かせが少なかった子、意思表示の必要性が少なかった子)は習得に時間がかかるのが当たり前です。

5e87d652536a7707a8c5d87217a92a82_s.jpg

ですが「ワンワン、可愛い」と言える子もいれば、「ワンワン」という単語の中に可愛いの意味が込められていたりする場合もあるのです。

「ママ、好き」と言える子もいれば、「ママ」の一語の中に大好きという感情が込められている場合だってあるのです。

その子の「マンマ」には「空腹である」という訴えも、「美味しい食事」の意味も、優しいママがスプーンで口にご飯を運んでくれる楽しい食卓のシーンも含まれているのかも知れません。

氷山の見えない部分はどれだけ大きいのか、子供の感性や能力は簡単に計ることはできないと思います。

MP900439246.JPG

乳幼児のスクリーニングとは

障がい(一生付き合っていかねばならない機能の問題)を早期に発見し、できるだけベストな対策や方向性を導き出す指標となるものです。

ですが、スクリーニングでいう「平均的な成長」というモノが、どれくらいの個人差を包括して言えるのかは、おそらく誰にも答えは出せないと思います。

「ある日突然スラスラと」もあり得ます

側音構語(息が漏れたり、アゴがずれたり、舌が硬直したりしてきちんと音声として発音できない)など発声発音そのものに、または聴覚に、明らかな障がいがみられない限り、他の子と比べて成長のスピードに焦ることにそれほど意味はないように思います。

むしろ、お母さんの不安やストレスがお子さんに伝播してしまうことの方が、発育には悪影響を及ぼしてしまうのではないかと思えます。

子供の言葉が一体何処から生じてくるのか、生まれた子が何故ひとりでに聞いて話せるようになるのか、何故早く話せる子供と話せるまでに時間がかかる子がいるのか?

私たち人間には、何一つ本当にはわかってはいません。言語に関して言えば、「ある日突然スラスラと」の可能性だってあり得ます。子供の成長には、その子なりのスピードや、身に付く周期というものがあるように思えるのです。

profeel.png
ブログ文章 橋本昌周

江戸川区・京成小岩 / 千葉県 山武・東金市(出張専門)
鍼灸・積聚(しゃくじゅ)治療
小児はり 不妊症の鍼灸治療

はなのやま鍼灸院 「子育てに寄り添う小児はり」
http://hananoyama.com/children

お問合せ(予約制・年中無休)10:00〜21:00
フリーダイヤル(小岩・千葉共通):0120-012-850

LINEからもお問合せいただけます。
「友だち追加」ボタンからご登録ください。
友だち追加
posted by shosyuh at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉の問題