2019年08月30日

機能性不妊症と鍼灸治療

努力しても、なぜか妊娠しにくいという35歳の女性。

知人から「不妊には鍼灸や漢方などの東洋医学も良い」と聞き、来院されました。

不妊治療クリニックのお医者様からは、

「原因を見つけているうちにどんどん時間が経って妊娠しにくくなるから、体外受精に切り替えた方が良い」

「体外受精を行う過程で原因がわかることもある」

と、自然妊娠から生殖医療への切り替えを勧められているそうです。

40歳を過ぎて自然妊娠で第一子を授かる方もいらっしゃいますので、個人差はあると思いますが、一般に35歳を過ぎると徐々に自然妊娠しにくくなると考えられています。

9c526dd3936cce1e744a714d89f22b01_s.jpg

原因のわからない不妊症には、母体全体の弱まりを考えてみることも大切です。

疲労、ストレス、冷え、飲食・睡眠など生活習慣の乱れ、環境や価値観の急変、過去の病気やケガなどのダメージ、不安・焦り・怒り・憤り・無力感など心の問題・・・

人生や日常に生じる様々なマイナス要因により、私たちのバイタリティ(生命力・活力)は、その方の生理的で自然な老化よりも早いスピードで弱められてしまいます。

それにより、本来備わった自然治癒力や生殖機能の働きもセーブされてしまい、様々な症状や機能異常が発症しやすく、治りにくい状態に陥りやすいと考えられます。

セーブされた生殖機能の働きを補う

当院では、このような母体全体の弱まりから生じる生殖機能の働きの低下を、原因のわからない機能性不妊症・続発性不妊症(二人目不妊)の要因の一つと捉え、全身(心)の調整から改善を目指していきます。

弱められたバイタリティ(生命力・活力)を補い高めていくことで、セーブされていた本来の生殖機能の働きを正常に近づけていきます。

元気な卵子を育むホルモンの充実、排卵、着床しにくさの改善(子宮内環境)、妊娠を維持する黄体ホルモン(高温期の持続)、など「妊娠しやすさ」に近づけていくのです。

b762a1d2f7830b916aa9b81085b60e43_s.jpg

「妊娠」はゴールではありません。

当院では、母子ともに健康で安全な出産までが道のりだと考えます。

冷えて固くなった妊娠しにくい母体とは、赤ちゃんにとっても寒くて、空腹で、成長しにくい場所なのです。

妊娠される前から赤ちゃんが安心して住みやすいお部屋(子宮)にリフォームしておくことも大切です。

東洋的な考え方に基づいた全身(心)の調整が、母体に滞っていたものを動かし、本来の「元気な生殖機能」を取り戻されるサポートになれたなら、鍼灸師として大変嬉しく思う次第です。

profeel.png
ブログ文章 橋本昌周

江戸川区・京成小岩 / 千葉県 山武・東金市(出張専門)
鍼灸・積聚(しゃくじゅ)治療
小児はり 不妊症の鍼灸治療

はなのやま鍼灸院 「妊活・不妊症の鍼灸治療」
http://hananoyama.com/pregnancy

お問合せ(予約制・年中無休)10:00〜21:00
フリーダイヤル(小岩・千葉共通):0120-012-850

LINEからもお問合せいただけます。
「友だち追加」ボタンからご登録ください。
友だち追加

2019年08月29日

慢性頭痛と女性ホルモン・バランス

慢性頭痛とは、本当に煩わしいものです。

嵐が通り過ぎるのを待つように、頭痛が治まるまでじっと耐え忍ぶ一日を過ごされる方も多いのではないでしょうか?

ぐっすり寝て身体が十分に休まっているにもかかわらず、 起床とともに原因不明の頭痛に苛まれる方もいらっしゃるでしょう。

これといった原因も対処法もなく、「鎮痛薬を飲むべきか?飲まなくてもしのげるレベルか?」 を日々繰り返されているケースも、カウンセリングではよく伺うのです。

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_m.jpg

頭痛は、原因によって様々なタイプに分類されます。

緊張が強すぎて起こるもの、リラックスして血管が拡張した時に起こるもの、血管についている神経そのものが痛みを作るもの、脳や内臓の異常サインとして生じるものなど・・・。

また、ご本人が気づかれていないだけで「月経周期や女性ホルモン・バランスに関わる頭痛」である可能性もあります。

1d2e189f0ad0c672adbb9e92c510083d_s.jpg

女性ホルモン・バランスとリンクした慢性頭痛

鍼灸院を訪れる女性にも慢性的な頭痛持ちの方は少なくありません。中学生から40代・50代までと、幅広い世代にわたります。

共通しているのは「市販の痛み止めが効かない」「(リラックスや睡眠改善、カフェインの摂取など)何をしても変化がない」などです。

痛み出したらひたすら耐えるしかない、という女性が多いのです。

img_arrow.png

症状

・月経の数日前〜月経中の発症(月経前症候群として発生する頭痛もあります)
・排卵日近くでの発症
・頭重
・頭痛時に頚・肩こりの増悪
・音や光に敏感になる
・脈打つような痛みである
・市販の頭痛薬では効かないことが多い

img_arrow.png

原因の可能性  女性ホルモン(エストロゲン)が関与?

・成人の偏頭痛有病率は、女性が男性の4倍多いが、子供では男女差がないこと。
・頭痛の始まりは初潮を迎える10代以降に多いこと。
・妊娠で頭痛はいったん治まるが、出産後に再発すること。


5740f66d436a27e23b0e9367e8a88abd_s.jpg

当院では、この女性ホルモンに関わる頭痛を婦人科疾患の一つとして捉えます。

頭痛につながるような女性ホルモン・バランスの乱れも、背景には、その女性の心身に生じた滞りやバイタリティ(生命力)の低下があると考え、東洋的な考え方に基づいた全身(心)の調整により、自然治癒力・生殖機能の働きを補い、ホルモン・バランスを整えていくことで、より根源的な慢性頭痛の改善を目指します。

加療中は「頭痛日誌」をつけていただきます(基礎体温を記録していただく場合もあります)。 慢性頭痛とホルモン・バランスとの関連を照らし合わせていくのです。

68907461dcaad9a693e27f39d600f815_t.jpg

アトランダムに出現するような頭痛にも、発症には必ず原因があります。

全ての原因不明の頭痛が女性ホルモンに起因するものではありませんが、市販の痛み止めがどんどん大量になってしまう前に、 ”頭痛による人生のロス”を最小限に食い止める為に、 ぜひ一度、ご自身の頭痛の原因を見直されてみてはいかがでしょうか?

profeel.png
ブログ文章 橋本昌周

江戸川区・京成小岩 / 千葉県 山武・東金市(出張専門)
鍼灸・積聚(しゃくじゅ)治療
小児はり 不妊症の鍼灸治療

はなのやま鍼灸院
http://hananoyama.com

お問合せ(予約制・年中無休)10:00〜21:00
フリーダイヤル(小岩・千葉共通):0120-012-850

LINEからもお問合せいただけます。
「友だち追加」ボタンからご登録ください。
友だち追加
posted by shosyuh at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭痛

2019年08月28日

機能性不妊症の改善と妊活 〜授かる体質と母体要因をチェック〜

東洋医学では、授かりにくい母体の状態をいくつかのタイプに分類して考えます。

以下の各項目をチェックしてみましょう。

母体の体質や「妊娠しにくさ」の要因を把握できれば、そこから改善点が見つけやすくなります。

8e30fb1535e71794437d02d8381cb8ae_s.jpg

気虚タイプ(体力パワーの不足)

□風邪を引きやすい

□少し動いただけで息切れや汗かきがある

□慢性的な眠気がある

□気力・体力がなく疲れやすい

□胃腸が弱い・食欲がない・もたれる

□便秘・下痢しやすい、むくみやすい

□筋肉が少なく、太りやすい体質(頬やお尻がたれやすい)

□低体温・冷え症である

*このタイプは体力・パワーが弱く、生殖に関するエネルギーが不足して妊娠しにくい状態です。

*妊娠中は流産に注意が必要です。出産では難産になりやすい傾向があります。

pain08.png

血虚タイプ(血・栄養が足りない)

□顔色が悪い(肌が暗い)

□髪質がパサついている、肌質がカサついている

□爪の色が悪い

□集中力がない

□浅い眠り(夢が多い)

□生理が遅れがちで経血が少ない

□不安・心配が強い □動悸が頻繁に起こる

*このタイプは、月経周期が定まらず、卵子や赤ちゃんを育む栄養(血)が足りなくて妊娠しにくくなります。

*妊娠しても、母体と赤ちゃんの成長に必要な血が足りない状態です。

pain11.png

気滞タイプ(エネルギーが渋滞して流れない)

□生活が不規則である

□慢性的な肩こり・頭痛

□緊張しやすい、イライラ怒りっぽい

□げっぷ・オナラが多い

□ため息をよくつく

□お腹・わき腹が張る

□喉が詰まったような(何か引っかかった)感じがする

□情緒不安定・喜怒哀楽が激しい

□月経前にお腹や乳房が張る

□月経前に下痢や便秘をする

*このタイプは精神的なストレスや緊張が強い人、責任感が強い人、生活が不規則な人に多く見られます。

*基礎体温表が乱高下するような体調のアンバランス(妊娠しにくさ)が伴います。

paino4.png

血瘀タイプ(血液の巡りが悪く、滞ってしまった状態です)

□毛細血管が糸ミミズのように浮き出ている所がある

□目の下のクマ、しみ、ソバカスが目立つ

□生理痛が強い

□経血に塊がある

□子宮内膜症や子宮筋腫がある

□生理が遅れがちである

*このタイプは、慢性的な冷え、気滞、気虚などが長期間改善されずに、進行して起こるケースが多く見られます。

*骨盤内の血液循環が悪くなります(卵巣や子宮の働きも低下します)ので、妊娠しにくくなります。

pain09.png

腎虚タイプ(疲労・ストレスによる先天的パワーや生殖機能の衰え)

□足腰がだるい

□腰痛持ちである

□夜間の頻尿がある

□抜け毛・白髪が多い

□頻尿・尿漏れがある

□無排卵の月がある

□月経が来たり来なかったり、経血も少なめ

□月経や排卵の周期が早まる

*このタイプは、生殖機能をコントロールする腎(生命力)が疲れてしまっている状態です。

*東洋医学では、腎は生命力を貯えると考えられています。 腎が疲れてくると老化現象のような症状が出やすくなるのです。 それにより女性ホルモンの分泌が低下しますので妊娠しにくくなります。

*腎虚は生命力を弱めますので、卵子の老化(ミトコンドリアの活性低下)の進行にも関りがあると考えられます。腎虚を補い生命力の働きを活性化する事は「卵子の元気」を取り戻す事にもつながります。

img_price04.jpg

不妊の原因は複雑で多岐にわたります。 その方にあった改善法を見つけていく上で まずは母体の体質や現在の状態を客観的に把握することがとても大切な第一歩になるのです。

*お試し無料カウンセリング実施中。お気軽にご相談ください。

profeel.png
ブログ文章 橋本昌周

江戸川区・京成小岩 / 千葉県 山武・東金市(出張専門)
鍼灸・積聚(しゃくじゅ)治療
小児はり 不妊症の鍼灸治療

はなのやま鍼灸院 「妊活・不妊症の鍼灸治療」
http://hananoyama.com/pregnancy

お問合せ(予約制・年中無休)10:00〜21:00
フリーダイヤル(小岩・千葉共通):0120-012-850

LINEからもお問合せいただけます。
「友だち追加」ボタンからご登録ください。
友だち追加